E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

勉強に集中できない!大学受験生の悩みを解決してみた。

集中アイキャッチ




かっつん先生

こんにちは!

逆転合格サポーターのKatzです!

 

受験勉強って大変ですし、

全然集中できないこともありますよね。

 

今回は

「勉強に集中できない。」

という悩みを解決していきます。

 

集中力が下がるのには

外的要因と内的要因があるんですよ。

 

この記事を読むと・・・

・勉強の集中力を上げることができる

・集中力の正体がわかる

・勉強の効率を上げることができる

 

お悩み相談:勉強に集中ができません・・・

受験勉強の集中力を保つ方法。

大学受験を控えている受験生です。
集中力が全然なく、気持ちだけが焦ってしまっています。

どうすれば集中力が上がりますか?

Katzの回答:勉強に集中できない原因を知ること!

かっつん先生

勉強に集中できないことには

理由があります。

 

あなたが集中できない原因はなんでしょうか?

 

今一度考えてみましょう。

 

集中力が下がる原因を知れば、

それを避けることで

集中することができます。

※クリティカルシンキングと言います。

 

勉強に集中できない理由をまずは知ることをおすすめします!

 

集中力を下げる要因 外的要因

集中力を下げる要因には

外的要因と内的要因の2つがあります。

 

外的要因とは、自分以外の原因のこと。

 

場所や人、もの、音、など

自分が以外の環境が原因で

集中力が上がらないことは多々あります

 

というか、集中できない原因のほとんどが外的要因です。

 

勉強に集中できないという人は、

一度外的要因を見直すといいでしょう。

 

 

外的要因の対処法1:場所を選ぶ

うるさいところでは集中しようにも

集中できないというのが常です。

 

ですから、

図書館や自習室などの

静かなところで勉強をすると集中力は上がりやすいです

 

音などはありますが、

集中しやすい場所として、

喫茶店がありますね。

 

僕の知り合いには

漫画喫茶で勉強する

という人もいました。

 

集中できる環境に移動するというのは

有効な手段です。

 

 

自室でも集中はできるのですが、

いかんせん誘惑が多いです。

 

その際はまず部屋を片付けてから

勉強に励むといいでしょう。

 

きれいなところで勉強するのと、

汚いところで勉強するのは

効果に大きな違いを生むことは

研究結果で明らかになっています。

 

僕も、なかなか集中できないときは、部屋の掃除します。

 

まずはあなたが勉強する環境を見直しましょう。

 

 

外的要因の対処法2:スマホを機内モードに

身近にある一番の誘惑が、スマホです。

 

大変便利な世の中で、

スマホさえあればなんでもできるような状態です。

 

友達とのやり取りはもちろん、

YouTubeなどの動画鑑賞や漫画、ゲームなど

ついつい手を出してしまうようなものが多いです。

 

それらをシャットダウンするために機内モードを使います。

 

機内モードはスマホを使えるけれど電波を受信しない設定です。

 

マナーモードと違い、

受信することがないので、

余計な情報を得にくくなり、

集中しやすいです。

 

どうしても、休憩のときなどにスマホを使いたい場合は、

『ご褒美に何分』

と決めるといいですね。

 

そうすると、目標達成のために頑張れる=集中できますから。

 

 

外的要因の対処法3:1人で勉強する

案外やらないのはこれです。

 

一人でやるとさみしいから友達と勉強する、

みんなが集まるところで勉強する

ということはありませんか?

 

近くに友達がいると、ついつい話かけたくなったり、

マイペースに勉強ができない

他の人がどれくらいやっているのか気になる

ということがあるので、

極力あなた一人で勉強しましょう

 

友達の存在も、

受験中は集中力を切らす

外的要因の一つだと理解することです

 

友達に限らず、家族やペットの存在も同様です。

 

 

外的要因の対処法4:身の回りを片付ける

対処法1で少し触れてしまいましたが、

きれいなところで勉強すると効果が高いという研究結果があります

 

僕の持論ですが、

人は身近にあるすべてのものにエネルギーを使います。

 

エネルギーをたくさんのものに使うと

一つのもことに集中できません。

 

片付けをすることで、

余計なエネルギーを持っていかれずに、

勉強にエネルギーを使うことができます。

 

抽象的ですが、

エネルギーのことなんかもわかっていると

有利にことが運びますね。

 

汚いところというのは、

自室だけに限らず、

自習室や喫茶店、

教室などどんな場所にもいえることです。

 

少し気を付けてみてください。

 

 

集中力を下げる要因 内的要因

内的要因というのは、外的要因の逆です。

 

つまり、自分に問題があるケースです。

 

睡眠不足や栄養不足、精神状態なんかが関係していますね。

 

外的要因はきちんとしているにも関わらず

集中できない場合は

内的要因を考えてみましょう。

 

内的要因の対処法1:まずは簡単な問題から解く

勉強のやり始める直前なんかは

一番集中できない時間です。

 

とてもよくわかります。

 

まず勉強に手を付けられなかったり、

やろうと思ってもなかなか始められない

なんてことは多々あるわけですね。

 

でも、案外やり始めてさえしまえば、

集中力は勝手に高まっていきます。

 

集中力は脳を使えば出てくるとも言われています。

 

逆に言えば、

脳を使わない限り集中力が出ないんですよ。

 

最初に簡単な問題を解いたり、

英単語を覚えたり、

前日の復習なんかをやると、

集中力を高めやすいです。

 

簡単な勉強から始めて、

集中力を上げてから

濃い内容を勉強していきましょう。

 

 

内的要因の対処法2:スローテンポの音楽を聴く

勉強中の音楽は、

ときには集中力を高めて、

時には集中力を切らします。

 

音楽の選び方というのは大変重要ですので、

気をつけなくてはいけません。

 

自分の好きな曲、

アーティストを選んでしまうと、

ついつい口ずさんだりして、

集中力を書いてしまいます。

 

 

ポイントは、

スローテンポで、自分の知らない曲を選ぶことです。

 

YouTubeには、

脳を集中させる音楽なんかが多数ありますから、

こういったものを利用するのもいいかもしれませんね。

 


※他の動画を見ないように気を付けること!

 

勉強中の音楽について、また別の記事で書きたいと思います。

 

内的要因の対処法3:ほどよく休憩をとる

いくら集中しても、限界があります。

 

ぜんぜん手につかなくなったときは

思い切って休憩しましょう

 

僕が学生のときは、

90分勉強30分休憩のサイクルにして、

90分どうしても集中できなかったら

30分休憩に入るようにしていました。

 

誰もがコンディションというものがあります。

 

何をやっても集中できないときに

集中力を高めようとすると

ストレスがたまり、余計に集中できなくなります。

 

一喜一憂せず、

自分の状態で勉強を続けるか、

休憩するかの判断をするといいでしょう。

 

内的要因の対処法4:睡眠でリセットする

睡眠時間が足りないと集中力が極端に減ります

 

よく、学生さんの中には、

夜寝る時間を削って勉強するという方がいますが、

それは絶対やめた方がいいです。

 

少なくとも7時間の睡眠がないと、

脳はリセットされません。

 

それ以下の睡眠では、

いざ勉強しても集中できなかったり、

全然覚えられなかったり、

計算ができなかったりします。

 

勉強してていくら休憩してもダメなときは

思い切って睡眠してしまいましょう。

 

起きた後に勉強すればいいです。

 

むしろ起床後すぐが一番勉強に集中できます。

 

睡眠時間7時間を確保できるよう、工夫してみてくださいね。

 

1日の集中力には限界がある

ここまで対策を述べてきましたが、

その根本にある考えというのは

集中力の限界

です。

 

じつは集中力というのは、

1日で限界量が決まっています。

 

ですから、睡眠してリセットするわけですが、

余計なことに集中しないようにすることで、

最大限集中力を発揮することができるわけです。

 

何をやって、何をやらないか

この考えは大変重要ですから、

覚えておいてくださいね。

 

まとめ:勉強に集中できない原因を排除する

勉強に集中できないことには

それなりの原因があります。

 

あなたが勉強に集中できない原因を

あらかじめ知っておくことで、

集中できる状態を作れるようになります。

 

集中できない原因を排除して、

大学受験を有利に進めましょう!

 

じゅけ男

今日から集中力を高めて頑張るぞ!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です