E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

英単語学習は時間の無駄!最短・最速で英単語を暗記するコツとは。

英単語学習アイキャッチ




じゅけ男

先生。

英単語を頑張って覚えてたんですけど、

いざ本番で単語が出てきても思い出せなくて、

全然答えが書けませんでした。

 

どうすれば英単語って覚えられますか?

 

かっつん先生

英単語の効率良い暗記方法を知りたいんですね!

 

じゅけ男君に良い情報をお伝えします。

 

実は英単語の勉強は時間の無駄なんですよ。

 

じゅけ男

え?でも英単語がわからないと、英文は読めないですよね?

 

かっつん先生

もちろんその通りですが、英単語を効率よく暗記するにはコツがあります。

 

 

・・・よく英語の勉強を始めるときに

「まずは英単語を覚えるところから始めよう」

っていう受験生がいますが、これはNGです。

 

特に、入試まで1年未満の時間しかない受験生は絶対にやってはいけません。

 

今回は、英単語を効率よく暗記するためのコツと英単語学習は時間の無駄というお話です。

 

この記事を読むと・・・

・英単語学習による時間のロスを減らすことができる

・効率よく英単語を暗記するためのコツがわかる

・受験における勉強の考え方がわかる

 

英単語を効率よく暗記するコツとは!

結論から言うと、英単語を効率よく暗記するコツは

長文読解のついでに覚える

です。

 

文法の勉強をしているときにも覚えてもいいです。

 

英語の学習でもっとも重要なものは

『長文読解』となります。

 

必然的に長文読解に割く時間が多くなるのです。

 

逆に言えば、長文読解の時間を多くとらなければ英語の点数は伸びません。

 

時間を多くとる長文読解の中で単語を覚えてしまえば、

かなり時間を短縮することができます。

 

・・・とこんなことを言うと、

単語がわからないと長文が読めない

とか

長文読解に出てこない単語はどうするんだ

という反対意見が聞こえてきそうですね。

 

それについてもお答えします。

 

 

かっつん先生

英単語を効率よく暗記するなら、

長文読解や文法の勉強をしながら覚えましょう。

 

どうして英単語を覚えるのは時間の無駄なのか

そもそもどうして英単語を覚えることが時間の無駄だと

僕は伝えているのかわかりますか?

 

それは、

受験においてもっとも重要なことは、

『時間』と『効率』だからです

 

質問をします。

 

「あなたが英単語を覚えるのはなんのためですか?」

 

・・・

「英語テストの点数をよくするため」

ですか?

 

違いますよね。

 

志望校に合格するためですよね?

 

志望校に合格するためには、

入試当日までに合格点以上の点数をとれるようにすること

が必要になります。

 

「あたりまえなことを言うな」

と声が聞こえますが、当たり前を認識するのは大切です。

 

あなたは入試までにどれだけの時間があるかを考えたことはありますか?

 

入試までの時間を考えたときに、

ちんたらと勉強する時間はコレっぽっちもありません。

 

できれば、時間を短く、効率的に学習したいわけです。

 

つまり、『時間』と『効率』が重要ということですよね。

 

では話を戻しますが、

『英単語を覚える時間』を1カ月とって、『長文読解の時間』を1カ月とるのと

『長文読解の時間』を1.5カ月とって、『そこで出てきた単語を都度覚える』の

どちらが時間と効率は良くなりますか?

 

後者の方法では、

一番勉強しなくてはいけない『長文読解』の時間は1.5倍とれて、

全体の英語の時間は3/4になることがわかりますか?

 

時間は短くなり、効率は良くなりましたよね!

 

受験勉強においてはこれがとても大切になります。

 

「英単語がわからないと長文が読めない」

これはその通りかもしれません。

 

では英単語がわかっていれば読めるんですか?

 

おそらく、ある程度の長文読解力がないと、

結局単語を知っていても長文は読めませんよ。

 

それならば、長文読解の勉強をしながら、

わからない単語はすぐに調べて、

その都度メモして覚えていった方が

遥かに効率がいいです。

 

英単語を覚えたのに解けないんじゃもったいないですよ。

 

かっつん先生

英単語がわかるから長文読解ができるわけではありません。

それならば、長文読解で英単語を覚えた方が効率がよくなります。

 

時間を短縮して学習することが逆転合格のカギになる

このように、受験勉強では

『時間』を圧縮し『効率』をよくすることが非常に重要になります。

 

どうしても偏差値が上がるには、

『知識』と『理解力』が必要になります。

 

これは、数をこなしていくしかありません。

 

そのための時間の圧縮と効率のアップなんですね。

 

「長文読解に出てこない単語はどうするんだ」

ということですが、

問題演習は過去問5年分、

できれば10年分やることが重要になってきます。

 

10年分もやって、出てこない単語はそれほど頻発しない単語なわけですよ。

 

そんな単語を覚えて時間の効率はよくなりますかね?

 

また、ある程度読解力がついてくると、

前後の文脈から単語を予測できるようになってきます

 

長文読解演習で出てこなかった英単語は、

ほとんど出ることがありませんし、

出てきたとしても文脈からの予測でカバーできます。

 

かっつん先生

長文読解の問題演習を10年分やってもなお出てこない単語は、これからも出てくる可能性は低いと仮説が立てられます。

もし本番に出てきても、前後の文脈からカバーできます。

 

英単語帳学習をした方がいいタイミングは

ここまで、英単語を覚えるのは時間の無駄だという話と

英単語を効率よく暗記するためのコツをお伝えしてきましたが

僕は、別に英単語の学習を反対しているわけではありません。

 

あくまで、入試当日までの時間を効率的にするためには、

長文読解と一緒に英単語の学習をする方が良いという話です。

 

英単語の学習ができるなら、それに越したことはありません。

 

もしあなたが

・志望校に合格することを目的としていない

・長文読解がある程度できていて、不安を減らすために単語を勉強したい

・他に勉強する教科もなく、少しでも可能性を伸ばすために英単語を暗記したい

ということなら、英単語帳を用いて勉強することはプラスになるはずです。

 

逆に言えば、これほど余裕がないのであれば、

学習効率をよくするために、長文読解で英単語を覚えた方がスムーズです。

 

かっつん先生

ある程度、英語の理解力がついてきたら、少しでも可能性を上げるために英単語帳での学習をするのはとてもいいことです。

 

 

まとめ

かっつん先生

今回教えたことをまとめると、

・英単語は長文読解で覚える

・出るかもわからない単語を覚えるのは時間の無駄

・実際の問題で出たわからない単語だけをピックアップした方が効率がいい

・ある程度長文読解ができていて、問題演習も終わったら英単語を追加で覚える。

という具合です。

 

わかりましたか?

 

じゅけ男

英単語を暗記することばかりに気を取られていて、

英語の問題を解けるようになるという目的を忘れていたってことですね!

 

これからは、効率よく勉強するようにしていきます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です