E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

【要ブックマーク!】E判定から国立大学に逆転合格するための具体的な6ステップ

6ステップアイキャッチ




かっつん先生

こんにちは!逆転合格サポーターのKatzです!

(→プロフィール)

 

「どうしても国立大学に合格したい!」

「E判定でも志望校をあきらめたくない!」

「逆転合格ができると信じてる!」

 

僕が受験生のとき、そう思っていました。

 

実際、高校3年生の8月の時点でE判定でしたが、

そこから戦略を持ち、猛勉強した結果、

現役で志望していた国立大学に逆転合格することができました。

 

「逆転合格は存在しない」

「逆転合格には裏がある」

そうやって否定している大人たちに

僕は文句を言いたい!

 

それでも悩んでいる受験生がいるんだ!と。

 

残り1年、半年、3か月

この記事を読んでいる時点で、

本試験までどのくらいの時間があるかはわかりません。

 

人それぞれです。

 

でも、

「志望校をあきらめたくない!」

という想いは同じでしょう。

 

ですから、どの期間であっても、

必ずやらなくてはいけない内容を

この記事にまとめました。

 

この記事を読むと・・・
  • 国立大学に逆転合格するためのステップがわかる
  • これから何をすればいいのかがわかる
  • 今日から逆転合格に向けて行動ができる

 

E判定から国立大学に逆転合格するための具体的な6ステップ

それではさっそくステップを見ていきましょう。

 

国立大学に逆転合格するまでのステップは大きく6つです。

 

国立大学に逆転合格するまでの6ステップ
  1. :逆転合格に必要な受験の知識を知る
  2. :志望校の分析をする
  3. :今の自分のレベルを知る
  4. :逆転合格までに何が必要かを考える
  5. :勉強に集中できる環境を作る
  6. :基礎固めを中心に勉強する

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

ステップ①:逆転合格に必要な受験の知識を知る

最初のステップは

『逆転合格に必要な受験の知識を知る』

です。

 

受験勉強をしていく際に

受験とはどういうことなのか、

どうすれば合格できるのか、

どうすれば効率よく偏差値が上がるのか、

などを知っているかどうかで、その後の成績は大きく左右します。

 

ほとんどの受験生にはこの勉強方法の知識が不足しているんです。

 

例えば、あなたは

大学に合格するために本試験でどれくらいの点数をとればいいか

を知っていますか?

 

実は6割取れていればいいんです。

 

・・・意外ですよね。

 

実際、合格平均を見てみると

ほとんどの大学では6割前後が平均点です。

↓↓↓※こちらの記事でも解説しています↓↓↓

逆転合格は可能アイキャッチ

E判定から逆転合格は可能だとわかる4つの理由

 

つまり最低点はそれよりももう少し低い

5割ちょっとに設定されているんです。

 

つまり、あなたは

 

必死に各教科8割とれるように勉強するのではなく、

苦手な教科は合格点ギリギリの5~6割程度、

 

得意な教科は6~8割程度を取れるようにすればいいんです。

 

こう考えると、少し肩の荷が下りますよね。

 

そのために必要な勉強をしていくのが

受験の基本になります。

 

やみくもに勉強を始めても

時間の無駄なんです。

 

逆転合格するためには

戦略が必要になります。

 

やみくも勉強時間の無駄アイキャッチ

ただやみくもに受験勉強するのは時間の無駄

 

受験の知識を知るためにできることは2つあります。

 

受験の知識を得る方法1:このブログの戦略記事を読むこと

このブログでは

E判定から逆転合格するための重要な情報を多く扱っています。

 

なかでも『受験戦略』というカテゴリーの記事は

あなたが逆転合格するために必要な受験の知識について触れています。

 

それらを読み進めていけば

あなたが勉強するときにどういうことをすればいいのかがわかります。

 

受験戦略記事一覧はこちら

 

余談ですが、

『ノウハウ・テクニック』というカテゴリーでは

偏差値を上げるための直接的なテクニックについてご紹介しています。

 

こちらも参考にしてくださいね。

ノウハウ・テクニック記事一覧はこちら

 

受験の知識を得る方法2:逆転合格攻略ガイドを視聴する

「記事の数が結構多いので読み進めるのが大変」

という場合には、

『逆転合格攻略ガイド』の視聴をおすすめしています。

 

この動画は、逆転合格するための戦略を

要点を絞ってセミナーにしている動画です。

 

LINEに友達登録をすることで

無料でもらえますので気軽に登録してください。

※友達登録によって不利益を被ることはありませんし、気に入らなければすぐにブロックできます。

 

『逆転合格攻略ガイド』についてはこちらから

↓↓↓

 

ステップ②:志望校の分析を行う

受験の知識を知ったあとにやることは

志望校の分析です。

 

戦略を立てるにはまずは相手を知る必要があります。

 

あなたの志望校の受験科目は何か、

その中でも、どの科目に配転が多いのか、

最低限どれくらいの点数を取らなくてはいけないのか、

などを分析していきましょう。

 

例えば、東工大に関しては

共通テスト(センター試験)の国語と社会の点数が0点だったとしても

二次試験がきちんととれていれば

合格することができます。

しかも英語の配点もそこまで高くありません。

※足きりラインの600点は最低でも必要ですが

※参考→パスナビ

 

これなら国語と社会の勉強は最低限に絞って

数学と理科を徹底的に勉強しよう

という風になりますよね。

 

 

ところが、別の大学、例えば大阪大学の工学部だと

共通テスト(センター試験)の国語の配点が

数学や理科、英語よりも高く設定されています。

※参考→パスナビ

 

これは、

「二次試験で問われる数学、理科、英語に関しては

共通テスト(センター試験)で高得点とれるでしょうから、

二次試験では問わない国語の配点を高くしてますよ。」

ってことです。

 

それを軽視して、共通テストの国語の勉強をおろそかにすると

足をすくわれるわけですね。

 

国立大学でも、それぞれの大学で傾向が違います。

 

あなたの志望する大学はどのような傾向にあるのか

見直す必要があるのです。

 

ステップ③:今の自分のレベルを知る

志望校のレベルを知っても

今のあなたのレベルがどの程度なのかがわからないと

戦略の立てようがありません。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

と孫子が言うように、

志望校について知り、自分についても知っていれば

志望校に合格できるのです。

 

この孫子の言葉には続きがあって

「彼を知らずして己を知れば 一勝一負す・彼を知らず 己を知らざれば 戦う毎に必ず殆し」

と続きます。

 

敵を知らずに自分だけを知っていれば、勝つときも負けるときもある。

敵も自分についても知らないとすべての勝負に負けてしまう。

という意味です。

 

ようは、敵についても自分についても知りましょうよってことですね。

 

自分のレベルがどの程度なのかは

模試などでも判断できるかと思います。

 

しかし、模試はあくまでも全体の基準。

 

ここでほしいのは志望校に対して、

自分がどれだけのレベルなのか

ということです。

 

ですから、まずは志望校の過去問を解いてみましょう。

 

全く解けなくてもいいです。

 

何割程度取れるのかを知りましょう。

 

2割しか取れないのか、

4割取れるのか、

どの問題レベルでつまづいているのか

などなどを研究しましょう。

 

間違えた問題の解説を見て、

全くわからないのか、

解説を見ればわかるのか、

それだけ確認してもあなたのレベルがわかります。

 

全くわからないのなら、

公式レベル~基礎固めからやらなくてはいけませんし

解説をみればわかるのなら、

基礎を自由に扱える状態にしなくてはいけません。

 

そうやって過去問を解くことで、

あなたの今のレベルで志望校に対して

どれだけの差があるのかを確認していきましょう。

 

その差を埋めることによって、

あなたは志望校に合格することができるのです。

 

ステップ④:志望校合格までに何が必要かを考える

ステップ③であなた自身の今のレベルについて知りましたね。

 

そしたら、志望校合格までに

あなたに何が必要なのかを考えましょう。

 

どの教科がダメなのか、

どの単元がダメなのか、

基礎レベルからやらなくてはいけないのか、

応用レベルをやってもいいのか、

はたまた中学レベルからやらなくてはいけないのか、

分析することは多くあるはずです。

 

分析した結果、

志望校の合格ラインとあなたのレベルとの間に

ギャップがあることがわかるかと思います。

 

このギャップを埋めることこそが

受験勉強でやらなくてはいけないことなのです。

 

ここまでくれば、

やるべきことがかなり明確になります。

 

あとはやるだけ状態!

 

でも、まだ待ってくださいね。

 

受験勉強をさらに効率よく行っていくために

次のステップで環境づくりをしていきましょう。

 

ステップ⑤:勉強に集中できる環境を作る

ステップ④まで終わったら

いよいよ受験勉強をしていきます。

 

勉強に集中できる環境を作りましょう。

 

まず、机の上と周りをきれいに掃除します。

 

人は作業をする環境が散らかっていると

集中力が低下することがわかっています。

 

せっかく勉強を始めても

集中できないのでは意味がありませんよね。

 

最低限集中できるように

勉強環境を整えるようにしましょう。

 

使わないものはダンボールなどにしまって

見えないところに片付ける。

 

ゴミなどが落ちていたら勉強する前に拾う。

 

そうやって勉強環境を作ってくださいね。

 

机の上には最低限使う分の参考書とペン、消しゴム

それ以外は見えないところに片付けましょう。

 

筆箱も無駄にエネルギーを使うので目に見えないほうがいいです。

 

勉強に必要なもの以外は全て見えなくするんです。

 

すると集中力が上がります。

 

ここまでやったらいよいよ勉強です。

 

ステップ⑥:ギャップを埋めるための勉強を行う

ひたすら勉強していきましょう。

 

人によって集中できる時間が違うためなんとも言えませんが、

40分勉強→10分休憩→40分勉強→10分休憩

とか

20分勉強→5分休憩→20分勉強→5分休憩

とか

90分勉強→30分休憩→90分勉強→30分休憩

のようにサイクルを作ってやるといいです。

 

また、休憩時間はかならず体を動かすようにしましょう

 

体を動かすことで血液が体に回って

集中力をさらに高めてくれます。

 

勉強はステップ④で考えた

必要な勉強をやっていきましょう。

 

偏差値は

時間×効率×網羅性

で上がっていきます。

 

集中できる環境を作って

時間をかけて網羅していくことで

偏差値がどんどん上がっていきます。

 

偏差値を上げる要素アイキャッチ

逆転合格の勉強法。偏差値を上げるための3要素を解説

 

ひたすら受験勉強をしていきましょう。

 

勉強に集中できないときは・・・

「6つのステップはわかった」

そうは言っても勉強に集中できないということもあります。

 

机の上を片付けても、周りを掃除しても、

集中できないときはあります。

 

そんなときのために

このブログの記事があります。

 

集中できない場合の対処法や

集中力をあげるための方法を解説しています。

 

参考にしてください。

 

集中アイキャッチ

勉強に集中できない!大学受験生の悩みを解決してみた。

水のアイキャッチ

【受験生必見】集中力をたったの20分で上げる飲み物とは!

勉強動画アイキャッチ

【集中力アップ!?】勉強動画を見ることによる3つの効果とは!?

 

勉強のやる気が起きないときは・・・

勉強をしていると

やる気が起きないときが必ずきます。

 

特に勉強を始めてから最初の1ヶ月〜2ヶ月は

本当にやる気が起きなくなります。

 

一番最初はモチベーションが高く

勉強ができるのですが、

毎日毎日勉強していると、

まったくと言っていいほどやる気がでなくなります。

 

それは『習慣』になっていないからです。

 

習慣というのは毎日ダラダラと続けて

ようやく習慣となります。

 

習慣化すると、苦しい、やりたくないなどの

感情がなくなっていきます。

(たのしい、おもしろいなどの感情もなくなっていきますが)

 

受験勉強をダラダラと続けて習慣化し

確実に偏差値を上げていきましょう。

 

モチベーションアイキャッチ

たった1つの原因!?受験勉強でモチベーションを維持するための方法とは。

 

まとめ

かっつん先生

E判定から国立大学に逆転合格するために

何をすべきか解説してきました。

 

ステップは6つあって、

あなたが志望校に合格するために逆算をして

何が必要なのかを考えて実行することがた大切だとわかりましたね。

 

もっと詳しく知りたい場合は逆転合格攻略ガイドを視聴してください。

 

最後まで感想を送ってくださった方限定で

僕があなたの受験勉強をサポートする会員サイトの

ご案内をしています。

 

こちらを利用すれば、あなたが何をしなくてはいけないのか

迷うことなく勉強だけに集中することができます。

 

ぜひ参加してくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です