E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

受験勉強で夜更かしするな!朝に勉強することの3つのメリット。

朝勉強アイキャッチ




かっつん先生

こんにちは!逆転合格サポーターのKatzです!

(→プロフィール)

 

夜更かしをして一生懸命受験勉強をする

という人がいます。

 

よく聞くのが、「私は朝起きられないから夜型だわ」というセリフ。

 

でも、受験勉強は夜更かしするよりも

朝にやった方が効率が良くなることをご存知ですか?

 

現在は遺伝子的に集中できる時間が違うということがわかっており、

それに合わせて勉強するほうがいいとしています。

 

そのため、新しい記事を参考にしてください。

↓↓↓

クロノタイプアイキャッチ

【朝型VS夜型】受験勉強は朝と夜どちらにやるほうが集中できるのか!

 

ただし、夜更けまで勉強するのは

睡眠時間にも影響します。

 

今回は、朝起きて勉強することのメリット

をお話します。

 

この記事を読むと・・・
  • 受験勉強による寝不足を解消できる
  • 試験本番で実力を発揮できるようになる
  • 集中して受験勉強にとりくむことができる

 

朝型の方が勉強効率があがる3つの理由。

さっそくですが、

朝に受験勉強をした方が効率が上がる理由を

これから書いていきます。

 

理由は全部で3つあります。

 

※ただし、オオカミ型とイルカ型はこの限りではありません。

 

朝に受験勉強をした方がいい理由
  1. 寝る時間を先に確保することで睡眠不足を防げるから
  2. 集中して勉強ができるから
  3. 試験本番に実力を発揮できるから

 

それぞれ解説していきます。

 

理由1:寝る時間を先に確保することで睡眠不足を防げるから

1つめの理由は、睡眠不足を防げるからです。

 

受験生が勉強で一番削りがちなのが、睡眠時間です。

 

ついつい他のことをやりたくなり、

勉強時間がなくなってしまうため、

睡眠時間を削って勉強をする。

 

あるいは、

勉強する時間がどうしてもとれず、

焦って夜更かしをして勉強をする。

 

しかし、睡眠時間を削ってまで勉強をする必要はありません。

 

睡眠不足はさまざまな悪影響を及ぼします。

 

先に睡眠時間を確保して、

勉強計画を立てるべきです。

 

睡眠時間は極力7時間以上とるようにしてくださいね。

 

7時間以上は確保すると、

次の日の影響もなくスムーズに脳を動かせます。

 

逆に6時間未満だと

睡眠不足で徹夜しているのと

同じような脳の働きになります。

 

睡眠時間を起床時間から逆算して、

早めに寝るように心掛けてみてくださいね。

 

 

理由2:集中して勉強ができるから

2つめの理由は集中して勉強ができるからです。

 

受験生が集中できなくなる理由の一つに、

友達からの連絡や、SNSをついついやってしまうということがあります。

 

友達からの連絡は言わずもがな、

Twitterやインスタグラムに浮上していると、

内容が気になって集中できなくなります。

 

ところが、朝に勉強をすると

活動している人がほとんどいないため

連絡をしてくる友人はいないし、

SNSを更新している人もほとんどいません。

(朝までやっている人も中にはいます)

 

結果、集中して取り組むことができます。

 

 

理由3:試験本番で実力を発揮できるようになるから

※脳の活性化についてはその通りですが、集中力の上がりやすさという観点は遺伝子によって決まっています。そのため参考程度にしてください。

 

3つめの理由は試験本番で実力を発揮できるようになるからです。

 

脳が一番活性化するのは起床から4時間~5時間後です。

 

逆に、脳が一番活発に働けなくなるのが7時間~8時間後です。

 

実際にあなたが試験を受ける時間帯はいつですか?

 

日中ですよね?

 

上記のことを考えると、

朝5時に起床した場合、

一番脳が活性化する時間が9時~10時になります。

 

そう。試験開始~途中で脳が最も活性化するのです。

 

しかも、起床7~8時間後は、12時~13時。

お昼休憩の時間帯ですよね?

 

もっとも脳の活動が停止する時間に

試験に臨まなくてよくなります。

 

朝5時に起きて勉強をする習慣をつけると、

試験時間に最大能力を発揮でき、

最低能力で挑まずにすむのです。

 

では、夜勉強して、朝7時に起床する生活だとどうでしょう?

 

朝7時に起床した結果

一番脳が活性化する時間=4~5時間後は

11時から12時になります。

 

少し遅いですよね?

 

脳が一番活動できなくなる7~8時間後は

14時~15時になります。

 

最後の最後に集中力が切れそうですよね。

 

朝勉強をする

という習慣を身に着けると

試験本番の最中に

脳が最も活性化してくれます。

 

これは試験結果に影響しますよね。

 

 

夜勉強した方がいい派の嘘

夜派だからは今の自分を都合よく解釈しているだけなことが多いです。

※オオカミ型とイルカ型は夜に勉強したほうがいいです。

 

朝が弱いと言っているなら、今まで早めに寝たことはありますか?

 

大概の場合は早めに寝るだけで朝きちんと起きられます。

 

それを夜活動することが多いからという言い訳で、朝が弱いことにしているだけです。

 

結局は習慣なんですよ。

 

今までの習慣では、逆転合格というのは叶いません。

 

習慣を変えないといけないんです。

 

変えるタイミングというのは、常に今です。

 

昨日と同じ今日を過ごしたら、今日と同じ明日がやってきます。

 

もしも逆転合格したいなら、昨日とは違う今日を過ごしましょう。

 

まとめ

勉強は朝やる方がいい!

これは、とても良く言われることです。

 

朝勉強したことがない人でも、実際朝に勉強をしてみたら、

かなり効率良く勉強できる場合が多々あります。

 

この記事で朝やる方がいいなと思ったら、

思い切って夜は早めに寝て、

朝勉強をやるように変えてみてくださいね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です