E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

お悩み相談:高校生が予備校に通うとしたらいつからがいいの?

予備校にいつから通えばいいかのアイキャッチ




かっつん先生

こんにちは!逆転合格サポーターのKatzです!

 

今まで予備校や塾に通っていなかったけれど、

来年から受験生になるので、どうしようか悩んでいる

というご相談をいただきました。

 

予備校に通う時期はいつからがいいのか

というのは、誰もが疑問に思うことですよね。

 

今回は、高校生が予備校に通うとしたらいつからがベストタイミングなのか

というお話です。

 

この記事を読むと・・・

・予備校を使うのか、塾をつかうのか、家で自学自習するのか選択肢に迷わなくなる。

・予備校に通うベストな時期がわかる。

・何を優先して取り組めばいいのかわかる。

 

悩みの整理

まずは悩みの整理から入りましょう。

 

このようなご質問をいただきました。

 

はじめまして。

現在高校2年生で、部活をやっているものです。

私の高校は毎年国立大学が数人出るかどうかくらいで、そこまで頭のいい学校ではありません。でも、どうせ大学に進学するなら国立大学がいいと思っています。

今部活をやっていて、塾や予備校には通っていません。

部活動を続けたいけれど、もうすぐ受験生になることもあり、塾に通おうと思っています。

今からでも遅くないでしょうか?

 

では、こちらの質問にお答えしていきますね。

 

高校生が予備校に通うべきベストの時期は・・・

かっつん先生

質問してくれた方の悩みは

『予備校や塾に通い始めるタイミングはいつからがいいのか?高校3年になってからでも遅くないか?』

ということですね。

 

じゅけ男

僕もその疑問を持ったことがあります!

 

かっつん先生

高校生が予備校に通うべきタイミングはいつからなのかを教えますね。

 

結論から言うと、

高校生が予備校に通うのは、

通いたいと思ったタイミング』です。

 

というのも、当然ですが勉強というのは、時間をかければかけるほど成績が上がります。

早くに手を付けられるならその方がいいのです。

 

思い立ったが吉日

とよく言いますが、その通りで、

高校生が予備校に通うとしたら、通いたくなったその時がベストタイミングです。

 

世間一般的には、予備校に通う時期は

遅くても高校2年生の秋ごろから

という意見が多いです。

 

高校2年生のうちに学習する準備をした方がいい

という考えらしいですね。

 

高校3年生からでも遅くないのか、

ということについては、次の項目から説明していきます。

 

そもそも予備校と塾の違いってなに?

かっつん先生

予備校にいつから入るのがいいかは、入りたくなったその時から

ということでいいのですが、

そもそも予備校と塾の違いってなんだかわかりますか?

じゅけ男

そう言われると、よくわからないです。

高校生になってから言い方が変わっただけかと思ってました。

 

かっつん先生

意外と知らないんですよね。

僕が受験生の時は、そもそも予備校や塾に通おうと思わなかったので、

何も気にしていませんでしたが、

この違いは意外と重要なんですよ。

 

予備校と塾の違いを簡単に説明すると、

予備校は入試の対策をするところ

塾は学力(成績)を向上させるところ

です。

 

 

予備校は、全体講義で話を進めます。

学校の授業の延長のようなものだと思ってください。

 

学校の授業とは違い、入試対策をする講義が中心になっています。

 

基礎知識はあることが前提で話が進んでいくため、

『合格をより確実にするために利用する』

という考えで良いかと思います。

 

 

それに対して塾は、

学力(成績)を上げることを目的としています。

 

つまり、もともと勉強が得意ではない人が、

自分の成績を上げて、少しでも苦手を克服するところ

というイメージですね。

 

 

さて、高校3年生からでも予備校に通っていいのか

という質問に戻るのですが、

『パターンによって分かれる』

が答えです。

 

もし、学力がそれなりに定着しているのなら、

予備校に通うことは、良い選択肢だと思います。

 

しかし、そこまで学力が定着していないのに、

予備校に通うと、ついて行けなくて挫折

ということも大いに考えられます。

 

かと言って、

成績を上げるための塾に通う必要があるのか・・・

というと、あなたの目的が大学に合格することならば、

入試の本番で合格ライン以上の点数を取ることが目的なわけです

 

特に、今志望している大学が

模試の判定でE判定

なんて状態なら、

塾に通っている場合ではないですよね。

 

そこで第3の選択肢です。

 

 

E判定から逆転合格するために予備校・塾に通うべきかどうか

かっつん先生

大学に合格したいけれど、学力がまだ定着していないから予備校は不安…

かといって、塾に通って苦手を克服するだけじゃE判定の志望校には間に合いません。

ではどうすればいいのでしょうか!

 

第3の選択肢は、

『自学自習』

です。

 

・・・がっかりしましたか?

 

しかし、僕は

自学自習の時間を多くとることこそ、

逆転合格するための最速の近道だと確信しています。

 

 

というのも、あなたと同じ大学を全員が目指しているわけではないですし、

全員があなたと同じくらいの学力ではないからなんです。

 

あなたと同じ状況の人は、

いったい受験生の中に何人いるのでしょうか。

 

もしかしたら、あなた1人かもしれません。

 

それなのに、全員に同じ勉強をさせる予備校に通う必要があるのか・・・

まして、あなたの学力が今の時点で圧倒的に低かったらなおさらです。

 

あなた個人の目標と今の状態にあった学習をしていかないといけないのです。

 

すると、選択肢は必然的に自学自習

という風になるんですね。

 

逆転合格に必要なことは・・・

じゅけ男

自学自習が一番の近道だとわかったんですけれど、

何をすればいいかわからないんですよね・・・

 

かっつん先生

その心配は誰もが抱えていることですよね。

でも、そのためにこのサイトがあるんですよ!

 

E判定から逆転合格するために必要なのは、『受験戦略』です。

 

あなたがどうすれば、志望校に合格できるのか、

どのような勉強をすれば、学力が上がり本試験でボーダーよりも良い点数をとれるのか、

そのような受験の戦略が必要なんです。

 

 

特に重要なのは、

メンタルコントロールと

勉強方法の知識

 

です。

 

受験で失敗する原因として、

①勉強ができない

②学力が身につかない

③本番で失敗する

の3パターンがあります。

 

①勉強ができない のは、勉強するモチベーションや

気持ちの問題などのメンタルの部分になります。

 

②学力が身につかない のは、勉強の仕方が間違っているか、

勉強をそもそもしていないからです。

 

③本番で失敗する のは、知識と考え方が定着していないからです。

 

つまり、メンタルコントロールで勉強のモチベーションを管理して

勉強方法の知識でしっかりと定着するように勉強すれば

絶対に受験で失敗しないのです

 

このブログでは、あなたが何をすればE判定から逆転合格できるのか

というありとあらゆる知識や考え方をご提供しています。

 

 

もし、あなたが逆転合格をしたい、確実に合格したい

と思うなら、勉強方法の知識を身に着けて、挫折しないようにメンタルコントロールをして

自学自習に励むことが一番の近道になるんですよ。

 

 

まとめ:志望校に絶対に合格したいのなら・・・

かっつん先生

高校生がいつから予備校に入るといいのか、

逆転合格したいのなら、何をしたらいいのか、

わかりましたか?

 

じゅけ男

はい!

予備校は入試の対策をするところ。

塾は学力を上げるところ。

どちらにもいい部分があって、悪い部分もあります。

 

志望校に逆転合格するためには、

自分がやるべき勉強ができる自学自習が必要なんですね!

 

かっつん先生

その通りです!

じゅけ男くんもしっかり勉強に励んでくださいね!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です