E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

まさかの事実!受験成功は勉強前の準備で8割決まる




かっつん先生

じゅけ男君は受験の成功が受験勉強に取り組む前の段階で8割決まることを知っていますか?

 

じゅけ男

え!?初めて聞きました。

勉強を始める前に身の回りをきれいにしたりってことですか?

 

かっつん先生

受験勉強前というのは、

その日の勉強を始める前ということではなく、

受験に向けて勉強の計画を立てる前の段階ということですよ。

 

実は、このことを知らない受験生が大変多いです。

今回は受験成功のための準備のお話です。

 

 

この記事を読むと・・・
  • 志望校合格への最初の一歩を踏み出せる
  • 勉強の途中で迷うことがなくなる
  • 受験のために最短最速で学力を上げる方法がわかる

 

 

志望校に受かる人ってどんな人?

まず考えてほしいのですが、

志望校に受かる人ってどんな人でしょうか?

 

『頭がいい人』

でしょうか?

 

『応用力がある人』

でしょうか?

 

答えは、

『試験日に合格点より多く点数をとった人です。』

 

ここで重要なのは、他の受験生よりも点数をとった人ではない

ということです。

 

最終的に合格点より高い点数が取れていればいいのです。

 

 

努力しているだけで学力は伸びるのか

受験生の多くは勉強時間を多くする傾向にあります。

 

それ自体はもちろんいいことですよね。

 

勉強しないと、そもそも問題を解けるようにはなりませんから。

 

しかし、努力をただしているだけで本当に学力は伸びるでしょうか?

否!

伸びません。

 

・・・思わず反語が出てしまいました・・・

 

 

例えばあなたが近所のコンビニに買い物しに行くとします。

(近所にコンビニがなければ、スーパーでも自販機でもなんでもいいです。)

 

目隠しをしてその目的にたどり着くことはできますか?

 

おそらく難しいと思います。

 

受験勉強も同じです。

 

何の計画や戦略もなく、ただ努力するというのは

目隠しをして買い物にいくようなものなんですよ。

 

時間を使えばいい

というのは楽観的な考えなわけです。

 

仮に努力をして学力を伸ばすことができても現実的に可能か

努力の時間を人よりも伸ばせば、

学力が上がると仮定します。

 

実際はそんなことはないですが、

たとえそうであったとして、

あなたはそれを現実にすることはできますか?

 

人よりも2倍勉強時間を増やしたら、

2倍学力が得られるとして、

現在E判定のあなたが、

B判定の人に追いつくことができますか?

 

 

答えはこれもNOです。

 

B判定を出している人が5時間勉強しているのに対して、

あなたは10時間勉強する。

 

そこまでの時間を確保するのは難しいですよね。

 

できたとしても、睡眠時間が少なくなったり、

モチベーションを落としていくのが目に見えています。

 

つまり、努力をして学力を上げることが可能だとしても、

実際にそれを実現することは難しいのです。

 

 

受験勉強を始める前の段階で、合否はほぼ決まる

努力をただするだけでは学力を上げることは難しいとお話しました。

 

では、どうすればいいのか。

 

実は、受験勉強に取り掛かる前の準備段階で、

合否というのは8割方決まります。

 

 

これは定期試験を考えるとわかりやすいです。

 

あなたは定期試験の勉強を始めるのに、

どのように勉強に取り掛かりますか?

 

まずは試験範囲を確認しますよね?

 

そして、その試験範囲を網羅できるように計画を立てるでしょう。

 

試験の順番や日程なども考慮に入れるかもしれません。

 

試験範囲によっては、

得意不得意があるでしょうから、

優先順位もつけますよね。

 

 

いきなり勉強に取り掛かることはしないかと思います。

 

 

そうつまり、

テスト勉強を始める前の準備段階で、

点数は決まっていると言っても過言ではないのです

 

 

受験というのは、

テスト範囲をぐーんと広げたものでしかないので、

受験勉強を始める前の準備段階で、

合否が決まるというわけです。

 

 

準備段階での知識量に差をつけることが志望校に受かるカギ

受験勉強を始める前の準備が大切なことは

理解いただけたかと思います。

 

では、準備とは具体的に何をすればいいのでしょう?

 

それは、合格のための戦略を立てることです。

 

戦略というのは、簡単に説明をすると、

合格までの地図です。

 

例えば、資金0で東京から大阪まで行くとします。

 

歩いていくのがいいか、

バイトをして稼いでから電車で行くのが

他の手段がいいのか考えますよね。

 

そのためには東京と大阪の位置関係を知る必要があります。

 

場所がわかれば、手段が決まりますね。

 

車で行くのか、電車で行くのか、新幹線で行くのか…。

 

歩いていくのがいいでしょうか?

 

でも、バイトをちょっとして、お金を稼げば、新幹線で行けますね。

 

結果的に歩くよりも早くゴールできそうですよね。

 

勘のいい人は気づきますが、

いきなり歩くことを選ぶのが、

ただ努力をする人です。

 

最初にちょっと時間を費やしてお金を稼ぎ、

より早く着く手段を選ぶのが、準備をする人です。

 

 

つまり、合格までの地図を

自分で作れるようにすることが大切なのです。

 

とは言っても、

合格までの地図を作るためには、

地図を作るための知識が必要になりますね。

 

時間をかけてでも、

戦略を立てられるような知識を身に着けることが重要になるわけです。

 

まとめ:準備の段階で合否はほぼ決まる

かっつん先生

受験勉強を始める前の段階がとても重要だと理解できましたか?

 

じゅけ男

はい!

何も考えず勉強時間を増やすだけでは、学力も伸びないし時間の確保も難しいから

準備の段階でしっかりと戦略を身に着けることが大切なんですね!

 

かっつん先生

その通り!

しっかりと前準備をして受験に臨みましょう!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です