E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

【お悩み相談】推薦入試の志望動機に不安があるのですが・・・

志望動機アイキャッチ




かっつん先生

こんにちは!逆転合格サポーターのKatzです!

(→プロフィール)

 

今回は現役受験生からいただいた不安にお答えします。

 

推薦入試を受けようと思っている医療系学部志望の女の子のお悩みです。

 

この記事を読むと・・・
  • 推薦入試のポイントがわかる
  • 推薦入試の不安が軽減される

 

相談内容:推薦入試を受けようと思うのですが、志望動機で落とされるなら対策のしようがないです…

実際の相談内容です。

公募制推薦を受けて1度落ちています。

もう1度推薦入試を受けることができるのですが、受けるべきか迷っています。

というのも面接や小論文が原因で落ちたのなら対策できるのですが、志望動機が原因で落ちたとなると対策のしようがないからです。

志望動機と面接も比例して点数になるとのことで、それなら勉強してる方がいいのかなぁと悩んでいます。

 

回答:「その問題は解決せんでええ」

推薦入試を1度落ちてしまって自信がなくなっているのですね。

 

そして、面接や小論文なら練習できるけど、志望動機は対策のしようがなくて困っていると。

 

それではいい言葉を教えてあげます。

 

この言葉はあらゆる場面であなたを救ってくれます。

 

「その問題は解決せんでええ!」

 

そのことに悩まなくていいんです。

 

まず、落ちた理由を考えることが時間の無駄です。

 

だって真実はわかりませんから^^;

 

わからないことを考えるより、

できることを考えましょう!

 

今回の問題点は

1.推薦を受けるべきか

2.推薦入試の対策をするべきか

の2点です。

 

それぞれ解説していきますね。

 

その1.推薦入試を受けるべきか

ここは難しいですね。

 

推薦入試によって時間が大きく取られるようなら、

その分勉強した方がいいかもしれません。

 

しかし、合格できるチャンスは広がります。

 

あなたが高校でここまで頑張ったんだぞ!

っていう自信があるのなら受けていいと思います。

 

ただし、リスクマネジメントはきちんとしましょう。

 

リスクマネジメントとは、

リスクを管理することを言います。

 

万が一落ちてしまった場合のことも考慮して、

推薦を受けるべきか考えると、

実際にそれが起こったときにも柔軟に対処できます。

 

落ちることを考えずに

推薦入試を受けて、

万が一落ちてしまった場合、

慌てふためくことでしょう。

 

そうならないためのリスクマネジメントです。

 

ちなみに、もしも僕が同じ立場なら

推薦入試を受けます。

 

少なくとも推薦入試が受けられる能力が

あなたにはあるわけですし、

志望校に受かる可能性が広がります。

 

ただ、慢心することはせず、

受かればラッキーくらいの感覚でいると

より心にゆとりをもつことができます。

 

推薦入試に全てを注ぎこまないように

注意した方がいいですね。

 

あくまでも受かればラッキー

です(^^)

 

その2.推薦入試の対策をするべきか

これは、対策の仕方が瞬時にわかるのなら対策をする

って感覚でいいです。

 

対策しようにもどうすればいいのか…

なんて悩んでしまうレベルなら対策しなくていいですね。

 

その悩んでいる時間を

基礎固めの時間にあてた方が

本試験で合格できる確率も上がるでしょう。

 

ただし、

 

傾向がわかっていて、

どんな質問がくるのか、

どんな問題が出題されるのかなどが

予想できそうなら対策した方がいいです!

 

 

ある程度調べることができていて

対策ができる状態ならば、

合格できる確率もぐーんと上がります。

 

実は僕自身もこのパターンで合格しています。

 

推薦入試の問題が

ある程度どういったものが出題されるのか、

面接でどんな質問がくるのかをある程度予測していました。

 

結果的に問題含めてほぼ全部予測した通りになったので、

割と簡単に合格することができたわけです。

 

ビジョンが見えてるなら対策しましょう。

 

しかし、志望動機どうしよう…

なんて考えてる時間はもったいないです。

 

推薦入試と本試験に共通することを勉強すれば効率アップ

もし、推薦入試を受けるのならですが、

実際に問題を調べてみて、

本試験と共通するような問題や範囲があるのなら、

その勉強をすることで、

本試験の勉強もカバーすることができます。

 

勉強時間に無駄な時間はありません。

 

全ての時間を有効活用すれば、

結果は自ずと良くなっていくものですよ。

 

今起こっている問題は解決するといいことなのか…

 

今回の不安は

「志望動機の対策ができない」

ということでした。

 

これは、解決できる問題なのか、

そして解決すべき問題なのか。

 

この判断がきちんとできないために

浮かんできた疑問です。

 

正直に言うと、

大学側からしたら志望動機で差をつけることはまずない

(志望動機はきちんと書く人が大半だから差別化が難しい)

ので、解決しなくていい問題です。

 

そこに時間を使うことであなたの勉強時間が削られるわけです。

 

やらなくていいことはやらない。

 

目標をハッキリさせて頑張りましょう!

 

一つの問題点を解決するために

一つのことだけに集中することを

『エッセンシャル思考』

と言います。

 

覚えておきましょう。

 

まとめ:その問題は解決せんでええ

かっつん先生

推薦入試は対策した分だけ、

本試験の勉強が遅れます。

 

しかし、推薦入試と本試験に共通する点があるのなら

その勉強をすることでカバーができます。

 

何をするべきなのかは

ゴールをしっかりと見据えて

エッセンシャル思考で解決しましょう。

 

悩まなくていいことで悩むのは時間の無駄です。

 

どの道を選んでも、絶対に成功できますよ!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です