E判定から半年の勉強で逆転合格するためのセミナーとマニュアルを無料でプレゼント

志望校が決まらない…行きたい大学がないときにとりあえず設定するべき大学レベルとは!

志望校が決まらないアイキャッチ




かっつん先生

こんにちは!逆転合格サポーターのKatzです!

(→プロフィール)

 

「大学に行きたいけれど志望校が決まらない。」

爆然と大学に行きたいという気持ちはあるけれど、

どの大学を目標にするべきか迷うことがありますよね。

 

今回は

行きたい大学がないときにとりあえず設定するべき大学レベルとは!

というお話です。

 

この記事を読むと・・・

 

行きたい大学が決まらないなら○○大学を目指せ!

 

結論から言うと

行きたい大学がないなら

東京大学を目指すべき

です。

 

「え!?いきなり東京大学!?」

 

そうです。

 

東京大学は日本では最も偏差値の高い大学

すなわち頂点です。

 

目標設定するときは、とりあえず頂点を設定した方がいいのです。

 

特に高校1年生〜2年生のときに志望校が決まっていないなら

東京大学に設定するべきです。

 

東大に合格するつもりで勉強して

他の大学に間に合わないということはほぼありません。

 

目標は高いところに設定していた方がいいんです。

 

などと言っている僕自身は

受験勉強は高校3年生の8月から始めたものですから

東京大学を目指して勉強していたわけではありません。

 

そんなぼくと同じように

高校3年生でとても東大は・・・

と思う場合は

最低限国立大学(できれば旧帝大以上)に目標設定をしましょう。

 

 

というのも、あなたは大学卒業後の平均生涯年収をいご存じですか?

 

実は国立大学(偏差値60以上〜)

偏差値50の大学=平均と比べて

生涯年収が1億円以上変わる傾向にあります。

 

 

もちろん、誰しもが1億円変わるわけではありませんが、

そういう傾向にあるのです。

 

1億円という金を高いととるか安いととるかはわかりませんが、

少なくともそれくらい変わるのだから

国立大学以上を目指すようにしましょう。

 

※ちなみに地方国立大学と東大でも生涯年収は5000万~1億円変わる傾向にあります。

 

国立大学以上を目指すなら

時間がなくて東大を目指すのは難しい場合、

国立大学以上を最低限目指したほうがいいと言いました。

 

とは言っても国立大学は数多くあります。

 

どうやって決めればいいのでしょう?

 

「それは良い教授がいるかどうか」

で決めるといいです。

 

大学にどんな教授がいるのかは

少し調べれば出てきます。

 

少し興味がある分野で研究している教授がいるかどうか

など何となく調べると行きたい大学がわかってきます。

 

例えば僕の場合、

国立大学を目指したのには

『近いから』

という理由もありますが、

『スポーツの分野で研究をしている教授がいたから』

というのが大きいです。

 

実際大学の研究室もその教授の下に入りました。

 

自分の興味がある分野で調べてみると

視野が広がるので

志望校が決まらない場合はやってみるといいですね。

 

学歴は関係ないというのは大嘘

最近、学歴は考慮しない企業が増えてきた

という話がありますが、それはどうでしょうか。

 

実際ぼくも事業を営んでいる経営者の立場でもありますから

その観点から言うと

学歴はかなり影響あります。

 

 

少なくとも、

受験勉強という経験は人間のレベルを引き出すことができるものです。

 

・自分自身を頑張ってコントロールしなきゃいけない自律力

・逆算して考えなくてはいけない逆算思考

・論理的に物事を考える論理思考

・受験勉強に集中するエッセンシャル思考

・これから増えていくであろうAIにできない文章を読むための読解力

などなど、普通の社会人でも持っていない能力が

きちんと受験勉強に向き合った人にはついていきます。

 

ぼくはよく偏差値が10変わると話が合わない

ということを話していますが、

それは偏差値そのものが原因ではなく

そもそも先程あげたような能力がたかい人が偏差値が上がる傾向があるのです。

 

先程あげた能力が高いか低いかで

話が合うか合わないかが決まります。

 

きちんと受験勉強に向き合ったら

必ず先程の能力の足りなさに行き着くのです。

 

それでもなお、やり続けて

能力を養うことができた人が

難関大学に合格することができます。

 

では、そこまで行って勉強して能力が養われている人と

そうでない人

どちらを企業が採用するでしょうか?

 

当然前者です。

 

また、企業側の人事部としたら

採用が適当だと自分の立場が危うくなります

 

東大出身の人と

Fラン大学出身の人とで

面接にきたとします。

 

Fラン大学出身の人を採用して

万が一仕事ができない人だったらどう思いますか?

 

上司としては

「どうして東大を採用しなかったんだ!」

となりますよね。

 

もちろん東大出身の人を採用しても

仕事ができない可能性があります。

 

しかし、その場合は

「どうして採用した!」

と怒られても

「だって東大出身だったので」

と言い訳ができます。

 

学歴が高いと採用の際に

企業側に言い訳を与えやすくすることができるのです。

 

確かに学歴が最重視されなくなってきたかもしれません。

 

しかし、それは決して

学歴が無視される、

学歴が関係ない

という意味とは違っています。

 

学歴が高くない人の言い訳を鵜呑みにしないようにしましょう。

 

まとめ

行きたい大学がないならとりあえず東大を目指しましょう。

 

目標は高く設定した方がいいです。

 

それでも時間なくて間に合わない場合は

最低限国立大学を目指すようにしましょう。

 

国立大学以上目指すことで

あなたの生涯年収は1億円以上変わります。

 

どんなに頭が悪くても国立大学くらいなら合格できます。

(半年で偏差値は15とか上がるので)

 

目標をしっかり持って頑張りましょう!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です